播磨屋ホオムペヱジ・ブログ部

播磨屋ホオムペヱジブログ支部。HP開設9年目にしてブログに移行する事になりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クーガー三色サラダ ブロア風

IMGP1613.jpg
ようやく完成しました。クーガーⅠ型です。
私をゲーセンに引き戻す元となったゲーム「ボーダーブレイク」の初期機体です。
誰もが乗る機体ですが、積載容量の厳しさや機動力に欠けるといった欠点があるので
いつかは卒業してしまう機体でもあります。
IMGP1618.jpg
キットは素体フレームに外装を被せていく半MG方式。
ジョイントが共通なためゲーム同様にアセンブルする事が可能ですが、
パーツの合いが悪く、肉抜き穴や継ぎ目もあるため完成させるには一通りこなせるスキルが必要になります

可動はあまりいじらず、なるべくゲームCGに近づける方向で制作しました。
IMGP1628.jpg
全般的にエッジを見直しました。
キットはACやスパロボと異なりかなりダルくなってるのでゲームのポリゴンのような線で整えました。
非常に地味ですが箱絵に近い感じになれると思います。

■頭部はホビージャパンの作例を参考に頬の部分を分割し後ハメ加工。
内部カメラは新造。プラ板とプラパイプで制作しています
個人的にカメラアイはむき出しが好みなので出っ張り気味に作りました。

■胴体は腋のエネルギータンクの分割を変更して色分けできるようにしました
後部リベットモールドを全て削り取り1ミリプラ棒で打ち直し。
バックパックのダクトモールドは新造。くりぬいて中にプラ板積層のディテールパーツを組み込んでいます
kugasaide01.jpg
■腕は肩を後ハメ加工してエッチングパーツを追加した以外はほぼキットのままです。
手首はコトブキヤの「丸指ハンドA」を使用。手の甲はゲームCGを参考に形状変更
丸指ハンドの軸とキットの軸とは異なるためキットから軸を加工して移植。

■脚や腰は目立つ肉抜き穴が多いため全部埋め。リベットモールドは全て削り取り1ミリプラ棒で作り直しています
ふくらはぎのサスペンションが一体感に欠けるので作り直し。取り付け角度を変更しバネ部分をコトブキヤの「サスペンション」に交換。
踵のローラー部分の切り口がプラモデル臭いのでカバーをエポパテで延長し「中に入っている」ように見せかけました
IMGP1607.jpg
ブースターは展開基部を切り欠いて後ハメ加工。内部を繰り抜いてスペースを作り差し替えなしでノズルの展開ができるようにしました
IMGP1654.jpg
キットにはマシンガンが2つついてるため全バリエーションを再現。
まずはM90サブマシンガン。キットのままです。
IMGP1646.jpg
M90にロングバレルを追加したM90Cサブマシンガン。
ロングバレルはプラ棒とプラパイプで制作。
私はサーペント購入までこれを愛用してました。
IMGP1653.jpg
M90の弾倉がロングマガジンに変更となったM91サブマシンガン。
ロングマガジンはプラ板で制作。
弾数は最も多いのですが弾道が安定せず個人的に使いにくいという印象の銃です。
IMGP1657.jpg
M91にロングバレルとフォアグリップを追加したM99サーペント。
「強襲ならいつかはサーペント」と呼ばれるほど上位での使用率が高いモデル。
私も最近購入しましたが他のSMGで仕留め切れなかった敵をきっちり仕留めれるようになります。
フォアグリップ部分はガンダム系キットのビームサーベルとプラ板で制作。
duelsword.jpg
デュエルソードは柄部分を新造し納刀状態と抜刀状態に差し替えなしで変形します
ただ、全てプラ板細工なため強度はありません。差し替え式にするか形状別に二振り作ったほうがいいです

個人的にマーシャルソードが重くて使いにくい、そもそも辻斬りや剣慣性移動にしか剣を用いないので
ずっとデュエルソードを愛用しています。
IMGP1636.jpg
塗装は個人的に欲しかった「旧市街地で使う都市迷彩」を意識しました。
実際私はほとんどガンメタルブラック一色しか使ってないですし、
「ゲームで出来ない事を模型でやる」というのが制作方針なので。
ダラダラやってたら本当にイベント景品で「ブルースプリント迷彩」が実装されてしまいましたが。
白:明灰白色+ニュートラルグレー少量+フラットブルー数滴
灰色:ニュートラルグレー
黒:ニュートラルグレー+ネービーブルー+ブラック少量
関節、ライトガンメタル、メタルシルバー
武器ブルー部分:フラットブルー+ニュートラルグレー+ホワイト少量+シルバー
武器グレー部分:ブルー部分の色にブラックを追加
IFF(敵味方識別装置):シルバーの下地にガンダムマーカーGラメパールライトブルー
デ剣刃部分:マイカシルバー
デ剣緑部分:ガンダムマーカーGラメパールグリーン

デカールはガンダムデカールとGSRラインデカールを使用。
色味を足すために赤を多めに使ってみました

塗装が全失敗したり色々と挫折しそうになりながら作ったので制作時間の割にできなかった事が結構あったのが残念です。
とりあえずマスキングはタミヤのマスキングテープしか使わない事を心に誓いました。
出来れば他のブラストにも取り組みたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/09(月) 00:21:09|
  2. 模型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

播磨屋

Author:播磨屋
酔いどれジオン派百合星人モデラー播磨屋が適当にお送りする不人気サイト
「播磨屋ホオムペヱジ」も9年目を迎え流れ流れて3度目の移転。
どうなる作者のモチベーション!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。